a2tk

review and others blog

YAMAHA Pacifica112VMX ピックガード交換

レビュー, 楽器 | 2016/04/05

DSC01432

パールホワイトのピックガードを購入してみましたので、交換の流れをレポートしていきます。

ピックガードは、Amazonに112V用のものが出品されていたので1,200円(2016年3月23日時点)で購入しました。中国からの発送でしたので到着までは7日ほどかかっています。

外観チェック

DSC01441

若干削りが雑な箇所もありますが、しっかりとした3プライ構造でネジ穴の精度も問題ありませんでした。

作業前に

DSC01490

作業前に、フロント、センターPUの高さを確認しておきます。

交換後に調整する事にはなりますが、交換前と同じ状態に戻したい場合は測っておくと安心です。

ピックガード交換

DSC01494

ピックガードを固定しているネジを外します。

DSC01496

PUとPUセレクターはピックガードに固定されています。初めて交換する方は先にピックガードだけを外し、中の構造を確認してから、PUとPUセレクターも外すと良いと思います。

DSC01498

PUセレクターのノブは引っ張るだけで外せます。

DSC01503

ピックアップを固定しているネジの間にはバネが入っているので、失くさない様に気をつけます。

DSC01499

弦に関しては、緩めれば付けたままで作業する事も出来なくもないですが、基本的には外したほうがスムーズです。

DSC01506

外し終えたら、新しいピックガードにPUとPUセレクターを付け、後は戻していくだけとなります。

DSC01523

削りが雑だった部分は、近くで見ない限り目立ちません。

DSC01513

弦を張る前に、ついでに指板を掃除しておきます。

DSC01778

後日、センターPUのカバーを白に交換してました。

終わりに

112VMXはリアPUがエスカッションマウントで、ボリュームとトーンノブもボディ直付なので、ピックガードに付いてる部品が少なく、楽に交換できる部類だと思います。PUの高さ調節をし直す必要はありますが、少しの出費でギターの見た目を大きく変える事ができ、違った気分で弾きたい時などオススメです。

パールホワイトのピックガードは、黒に比べて傷や汚れが目立たなず、高級感も感じられる点も良いと思いました。

筆者

e1n

フリーランスでウェブデザイナーをしています。
ご意見、ご感想などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazonクーポン

PR

^