a2tk

review and others blog

HP Probook 4520s メモリ増設とSSDへの換装

PC, レビュー | 2016/04/21

cpu-z

無事CPU交換を終えた4520sでしたが、依然としてPCの起動やソフトの立ち上がりが遅いので、今回は「メモリ」と「HDD」を交換していきたいと思います。

分解の手順は前回の記事をご覧ください。

メモリ増設(交換)

DSC01944

交換用に用意したのはCorsairの高品質メモリ「VENGEANCE(1600MHz)4GB」 x 2枚です。

4520sはスペック表で1066MHz動作となっていましたが、メモリは下位互換があるのと、将来的な他のPCへの流用も考えて、1600MHzのメモリを購入しました。

もう少し安いメモリを探したい場合には、普及帯で種類も多く 安い傾向にある1333MHzメモリがおすすめです。

1066MHzのメモリに関しては、種類が少なく値段も割高な事があるため、1066MHz対応のPCであっても、あえて1333MHzのメモリを買った方が安いと思います。

Amazonで「SO-DIMM DDR3-1333」メモリを探す


なお、4520sで扱えるメモリは合計8GBまで(4GBx2枚)となっています。8GB2枚などは使用できません。

メモリが見える箇所まで分解したところから、交換の作業していきます。

ここまでの分解の手順は前回の記事を参考にしてください。

DSC01957

メモリは、ツメで固定されているので、両サイドに広げます。

DSC01959

メモリが起き上がるので、引き抜きます。

DSC01960

メモリの向きに注意して、新しいメモリをしっかりと挿し込み、カチッと音がするまで倒します。

DSC01961

2枚目は、同様に上のスロットに挿せば交換完了です。

mem

起動後、無事動作が確認できました。

SSD換装

DSC01942

SSDは「Samsung 750 EVO(250GB)」に交換します。公称値で「読み出し540MB/s 書き込み520MB/s」と 高速な上、Sumsungなので品質も信頼感があります。ボトルネックになるSATA2で使うには少し勿体無いSSDですが、本体が安く済んだので奮発していきます。

使用環境にもよりますが、SSDは最低でも250GBはあった方が無難です。ノートPCの場合、外付けストレージを使わない限り、内蔵のストレージ1つで、システムとデータを保存しなければならないので、結構カツカツになると思います。

DSC01952

まず、SATA-USB変換ケーブルなどを使って、現在のシステムドライブの内容をSSDにコピーします。(クリーンインストールの場合は必要ありません。)今回はSumsungの専用データ移行ソフト「Samsung Data Migration」を使用しました。

大抵の場合、SSDを買えば そのメーカーのデータ移行ソフトが付属しいています。余計なファイルは消しておいたので、USB2.0でも20分ほどでコピーは完了しました。

DSC01967

HDDはパームレストを外したところにあります。外し方を説明したシールが貼ってあるので、その通りに外していきます。

パームレストまでの分解の手順は前回の記事を参考にしてください。

DSC01968

取り外せたら側面のネジ4本を外し、マウントからHDDを外します。

かなり硬かったので、精密ドライバーよりトルクの効きやすいドライバーがオススメです。

DSC01969

後はSSDに入れ替えて、戻していけば完了です。

交換後のベンチマーク結果

hdd-sdd

左 HDD 右 SSD

SSDはSATA2がボトルネックになっていますが、それでもランダム性能が圧倒的に高いので、交換する価値は十二分にあると思います。

OSは細かいファイルの読み書きがほとんどなので、ランダム性能が快適さに影響しやすくなっています。

起動時間(動画)

いろいろ交換前は、ログイン画面にいきつくまでに40秒以上かかっていましたが、約13秒になり、とても速くなりました。
起動時間だけならうちのメインPCとそんなに変わりません。ソフトの立ち上がりもスムーズです。

ゲームやエンコードなど高負荷はきついと思いますが、十分快適に使えるPCになったと思います

かかった費用

4520s本体(ジャンク) ¥5,000 + 送料¥1,500
ACアダプター(アウトレット) ¥1,845
Windows 10アップグレード ¥0
CPU i5-560M(中古) ¥2,980 + 送料¥164
メモリ4GB*2(新品) ¥3,450 x 2
SSD 250GB(新品) ¥7,980
合計 ¥24,869

最近のノートPCでも3万円前後で売られている安物は、CPUがCeleronやAtomであったり、メモリも2GBしか積んでなかったり、役に立たないレベルなので、それに比べたら十分なコストパフォーマンスだと思います。メモリとSSDのランクを下げればもう少し安くなる余地があります。

最終的なスペック

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU Core i5-560M 2.66GHz(ターボブースト時最大3.2GHz)
GPU インテルHDグラフィックス(CPU内蔵)
チップセット HM57 Express – CPU Socket PGA988
メモリ CORSAIR VENGEANCE 4GBx2 – DDR3-SDRAM 1600MHz@1066MHz
SSD SUMSUNG 750 EVO 250GB
カラー ボルドーレッド
液晶 15.6インチ 1366 × 768
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
サイズ / 重量 372 × 250 × 27.7 mm / 6セルバッテリ搭載時 約2.39kg
無線LAN Atheros 9285G – IEEE 802.11b/g/n
インターフェイス ミニD-sub×1、USB2.0ポート×3、eSATA×1
LANポート、HDMI 1.3、マイク入力、ヘッドフォン出力

これ以上拡張するなら、CPUを「i7-640M」にするぐらいなので、いつか入手できたら交換してみたいと思います。
スペックを優先するなら他のノートPCという選択肢もあったと思いますが、見た目が気に入っているので満足な結果となりました。

2016/05/08追記

記事公開時に「1600MHz動作対応」と記載していましたが、「1066MHz動作まで対応」の間違いでした。お詫びして訂正させていただきます。4520sはCPU内蔵メモリーコントローラの仕様上、メモリの対応周波数は「DDR3 800/1066」となっています。 Core™ i5-560M Processor|Intel製品情報


筆者

e1n

フリーランスでウェブデザイナーをしています。
ご意見、ご感想などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazonクーポン

PR

^