a2tk

review and others blog

Windows10で英字配列キーボードを使う方法

PC | 2016/10/05

英字配列のキーボードをUSBに挿しただけでは、キーボードに書かれている文字と違う文字(日本語配列の文字)が入力されてしまう場合があります。

Windowsは英字配列か日本語配列かを判別して自動で設定してはくれないので、Windowsの設定より入力モードを「日本語キーボード」から「英語キーボード」へ手動で変更しましょう。

設定の変え方

01

まず「スタートメニュー」から「設定(歯車のアイコン)」をクリックします。

02

「Windowsの設定」が開いたら、「時刻と言語」を選択します。

03

左のタブから「地域と言語」を選択し、言語の中にある「日本語」をクリックします。

04

さらに細かい設定が表示されるので、「オプション」を選択します。

05

ハードウェアキーボードレイアウトから、「レイアウトを変更する」をクリックしましょう。

06

「日本語キーボード」から「英語キーボード」に変更し、「サインアウト」すれば完了となります。

終わりに

Windowsのインストール時から英字配列を使う場合には、初期設定の最初に入力モードを聞かれますので、そこで設定すれば問題ありません。

英字配列のキーボードはプログラミングをする時に、記号が打ちやすい配置だったり、スペースキーが大きくて使いやすかったりと 色々良い点があります。また、英字配列しかない海外メーカーのキーボードは、素敵なデザインのものも多いので、海外のショップなどから輸入してみるのも良いと思います。

英字配列では「全角/半角」キーがありませんが、「Alt+`(左上にあるチルダ)」で全角と半角を切り替えることが出来るので、はじめに覚えておくと便利です。

筆者

e1n

フリーランスでウェブデザイナーをしています。
ご意見、ご感想などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazonクーポン

PR

^