a2tk

review and others blog

64bit環境でmsdia80.dllがルートディレクトリにインストールされる場合の対処法

PC | 2016/05/03

root

64bit環境下で「Microsoft Visual C++ 2005年再頒布可能パッケージ」をインストールすると、「msdia80.dll」が意図しないフォルダ(システムドライブのルート)にインストールされてしまう様です。

Visual C++は、マイクロソフトの統合開発環境 (IDE) のひとつで、ウィルスなど危険なものではありません。
直接インストールした覚えがない場合でも、Visual C++を使って作られたソフトウェアをインストールすると、一緒に付いてきたりします。

間違って消さない様にしましょう。消してしまうとmsdia80.dllを使ったソフトが起動しなくなることがあります。そのままでも特に問題ありませんが、ルートフォルダにdllがあるのが気になる方は、以下の方法で移動することができます。

msdia80.dllを正しい場所へ移動し再登録する方法

1

まず、Cドライブ直下にある「msdia80.dll」を選択して切り取ります

tovc

次に、「Program Files」→「Common Files」→「microsoft shared」→「VC」の順にフォルダを移動します。

※ 「Program Files(x86)」ではなく、「Program Files」な点にご注意ください。

vc

VCフォルダ内の空欄を右クリックし、「msdia80.dll」を貼り付けます。

denial

アクセス権に関する警告がでますが、「続行」をクリックします。

vc2

これで本来あるべき場所に移動できました。

これだけではシステムにファイルの場所が変更された事が設定されていないので、コマンドプロンプトを使ってパス(ファイルの有る場所)を登録し直します。

start

スタートメニューを開いて、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」の中にある「コマンドプロンプト」を右クリックし、管理者として実行します。

command

以下のコマンドをコピーして、「コマンドプロンプト」に貼り付けます。

regsvr32 "C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\VC\msdia80.dll"

OSがCドライブ以外にインストールされてる場合は、先頭のC:をお使いの環境に合わせて変更してください。

regsvr32は、dllをシステムに登録するためのコンソールプログラムです。Regsvr32|technet.microsoft.com

success

エンターキーを押して「—成功しました。」のウィンドウが出れば完了です。

error

0x80004005エラーが出る場合は、コマンドプロンプトが管理者権限で起動できていない可能性があります。

ファイルが見つからない場合は、「msdia80.dll」を移動した場所の確認と、ファイルパスの打ち間違いがないか確認してみてください。

補足

この不具合はMicrosoftのサポートページにも掲載されています。機械翻訳で少し読みにくいですが、解決できない場合はこちらも参考にしてくみてださい。

Microsoftサポート|https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/927665

筆者

e1n

静岡でフリーランスのウェブデザイナーをしています。
ご意見、ご感想などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazonクーポン

PR

^