eN戦記

review and others blog

セイルチェアのクッションがへたってきたので交換してみる

投稿日:2019/11/22

カテゴリ:その他

タグ:

中古で購入してから四六時中使っているセイルチェアのクッションがへたってきた感があるので、分解して交換してみます。

以前きしみを直す時にやった手順でまずは、座面を外します。

座面を一番前まで出した後、裏から白い樹脂製のパーツを外します。マイナスドライバーなどでロックを引っ掛けると簡単に外せます。

次に座面を一番後まで下げると、前の方から上へ持ち上げるように外せます。

座面が外れたら、四箇所のネジを外します。トルクス(特殊ネジ)なので専用の工具が必要です。サイズはT20で回りました。

トルクスドライバーやレンチはホームセンターなどでも売っていて一本だけなら数百円で購入できます。分解をよくされる方は複数サイズ持っておくと便利かもしれません。

うちではベッセルのTX-11を使っていますが、なかなか使いやすいです。T8H,T10H,T15H,T20H,T25H,T27H,T30H,T40H,+2,-6のサイズのビットが付いています。

次に、シートがステープルで留められているので、ひとつひとつ外していきます。ホッチキスの先端に付いてるは外す部分や、リムーバーを使うと良いかと思います。

今回使った写真のリムーバーは力不足感があったので、もう少し強そうなものが良いかもしれません。

マックス
¥229 (2019/12/09 18:43:40時点 Amazon調べ-詳細)

下が樹脂パーツなのでけっこうキツめに留まっています。片側が抜けたらペンチで引っこ抜いた方が早いかもしれません。

マルト長谷川工作所
¥2,745 (2019/12/09 10:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

すべて外してシートを取ればクッション部分が見えます。

クッションは接着されてるようでしたので、今回は上からウレタンフォームを重ねてみました。

使用したのは、家にあった寝具用の低反発シートをばらしたものです。

シートを戻したら、タッカーを使って留めていきます。ホッチキスでは厳しいと思います。

ラピッド
¥4,986 (2019/12/09 10:32:39時点 Amazon調べ-詳細)

元よりかなり分厚くなってしまった気はしますが、案外座り心地に違和感はなく、ふかふかになりました。

終わりに

タッカーを抜くのがなかなか大変で時間がかかります。クッション部分まで開くと材質上 破片というか粉っぽいのが多少あたりに散らばり掃除も大変でした。必要な工具も一般家庭に置いてあるものではないので、真似される場合は、けっこうなモチベーションがなければ、上にのせるクッションなどで妥協したほうが良いかなーという印象です。

個人的には満足な結果ではありますが、作業は大変でおすすめはしません。

Bodydoctor(ボディドクター)
¥4,536 (2019/12/09 10:32:42時点 Amazon調べ-詳細)

PR

筆者

eN

フリーランスでウェブデザイナーをしています。資格:2級ウェブデザイン技能士、第二種電気工事士
ご意見、ご要望などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazon

カテゴリ:その他

タグ:

投稿日:2019/11/22

^