a2tk

review and others blog

国内版「Glorious Model O」が届いた!外観レビュー

PC, ゲーム, レビュー | 2019/08/30

昨日(2019年8月29日)にGloriousの軽量(67g)ゲーミングマウス「Model O」が国内でも販売開始されました。予約してたので発売日に届きました。軽量ハニカムシェル構造の先駆けとなったFinalmouseのAir58が生産終了して中古市場が2万円近くに高騰している中、「Model O」はマットタイプが7,000円(税別)、光沢が8,000円(税別)と良心的なお値段となっています。

「Model O」もとても人気なようで、海外公式サイトからの購入は数ヶ月待ちの状態ですが、国内販売が開始されたことでやっと手軽に入手できるようになりました。今回はマットタイプのホワイトを購入したので、簡単に外観をチェックしていきたいと思います

パッケージには国内正規品を示すシールがはられています。先に書いておくと、パッケージや説明書も英語なのでおそらく海外版と中身に差はありません。

スマホのパッケージに良くあるような、そのまま上に開くタイプの箱です。あけやすい。

付属品はクイックスタートガイドや紙類とGloriousのおっさんが描かれたシールです。

紙類は英語ですが特に困ることはないと思います。

側面 こちらにもGloriousのエンブレム(おっさん)が描かれています。サイドボタンは左側だけです。

ハニカム(ハチの巣状)に肉抜きされて軽量化されているのが特徴です。特に持って違和感とかはありません。軽くてとても快適です。

スイッチはオムロン製らしいです。「カチッ」とけっこうしっかり音がします。クリックの硬さは普通ぐらいかと思います。

ホイールは無段階ではなく一般的なクリック感のあるタイプ。わりと凸凹してます。回しやすい。

裏面にはDPIの表示LEDがあります。表のホイール下のボタンで切り替え、専用ソフトでカスタマイズ可能です。

購入時の初期状態は、赤色LED表示でDPI 1600でした。センサーはPixartのPMW3360です。

ソールはG-Skatesとかいういい感じのが最初から付いてるそうです。詳細はメーかーHPでご確認ください。よく滑ります。

RGBLEDが搭載されていて光ります。ハニカムの穴から光が漏れていい感じになっています。

専用ソフトからDPIやLOD、LEDなど色々設定できます。DLは以下の公式サイトより。

Glorious Model O Downloads – Glorious PC Gaming Race

LEDの発光パターンは複数あり。消灯(OFF)も可能です。

雑感

標準でパラコード化されたのケーブルが引っ張られる感が全然せず、軽さと相まって取り回しがとても快適なマウスです。特に低DPIやローセンシでゲームをする場合におすすめです。値段がそこまで高くないのが嬉しいですね。それでいてスペックも優秀なので今のところイチオシのマウスです。

なお、海外ではModel Oのスモール版「Model O Minus」の予約が開始されています。国内でのアナウンスはまだありませんが、小さいサイズが欲しい人は少し待って見ても良いかもしれません。普通はレギュラーサイズで問題ないと思います。

Glorious Model O Minus – Glorious PC Gaming Race

筆者

e1n

フリーランスでウェブデザイナーをしています。
ご意見、ご感想などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazonクーポン

PR

^