a2tk

review and others blog

E-M1 MarkII にリグ組んでみた

カメラ | 2019/03/29

今年から写真に加えて映像も撮っていこうと思い、E-M1 MarkIIにリグ組んでみました。写真もそのまま撮れるようにひとまず最低限のハンドルのみになっています。

カメラのグリップをそのまま右手、左のグリップを左手で持ち、正面に持つ際の取り回しや安定性を高めて、トップハンドルでローアングルに対応する形です。元々E-M1が軽いのでこれくらいなら「大きさ 重さ」的にも持ち運びに耐えられるかと思います。

今回、すべてSmallRigのリグを購入しています。リグは本来、業務用などでものすごく高いものが多いですが、SmallRigは個人でも手が届きやすい値段で販売されていてとても助ります。

NATOレールとそれに対応したハンドルを使用している為、手締めで簡単にハンドルの取り外しや位置調整が可能です。

サイドに短めのNATOレールをつけて両サイドにハンドルを配置する形にも対応を想定しています。トップにハンドルが必要ない場合や、正面で持つ際の安定性をより高めたい時に便利な予定です。

E-M1 MarkIIはバリアングル液晶なので、一応ローアングルも対応できます。

ローアングル時はトップハンドル

グリップの付け根にもリグが来るので、握りが少し浅くなります。持ち方を多少ずらせば問題ない範囲です。リグのおかげで、ボタンの位置は分かりやすくなりました。

外部マイクはとりあえず中古で買ったステレオマイクのAT9911を付けてみました。今回の用途では風景映像メインで基本BGMを被せる予定なので、そこまで高価なマイクは必要ない感じです。AT9911は高域が強めの傾向でウィンドジャマーも心もとなく、いまいち感がありますが一旦様子見します。

リグの方にコールドシューマウントも用意してあるので、余裕があればもう少し良いビデオマイクにしたいと思います。

今回かかったリグの費用

E-M1 MarkII 専用ゲージ ¥8,799
NATO サイドハンドル ¥6,699
NATO トップハンドル ¥5,399
クイックリリースレール 100mm ¥1,299
クイックリリースレール 100mm ¥1,199
コールドシューアダプター(2個入り) ¥1,299
合計 ¥19,295

なんとか2万円を切る価格で収まりました。個人的にはジンバル買うよりはかなり現実的な値段です。あとはE-M1の手ぶれ補正と編集時のワープスタビライザーでごまかして行きたいですね。

写真撮影との両立をはかれる結構コンパクトな形にまとまったと思います。見た目もそれっぽくなるので仕事で使う際のクライアントさんのウケも良いかもしれません(?)

もっとヌルヌルしたい人にはスタビライザーやジンバルをおすすめします。

2019/04/07追記:作例

初めて撮影したクリップなので拙い点はありますが、ぱっと見はそれっぽい映像にはなったかと思います。練習を重ねればもう少し良くなるかと思います。なお、より手ブレを目立たなくするため60fpsで撮影し24fpsへスロー変換し、編集時にはワープスタビライザーを使用しています。

筆者

e1n

フリーランスでウェブデザイナーをしています。
ご意見、ご感想などありましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Amazonクーポン

PR

^